ユーザーID&パスワードの変更や再発行

ユーザーIDとパスワードは、大学内の以下のネットワークサービスなどを利用するときに使います。ユーザーIDは「学籍番号」のことを指します(アルファベットは半角英小文字)。

配布されたパスワードには有効期限があり、期限が過ぎるとサービスの利用が出来なくなります。 必ずパスワード変更を行ってください。パスワード変更は「①学生Webメールのパスワード(メール等で使用します)→②ユーザーIDパスワード」の順に変更してください。

①学生Webメールのパスワード変更方法

        
1.情報メディアセンターのトップページから「学生Webメール」クリックします。
2.メールアドレス(ユーザーID@moon.aichi-u.ac.jp)を入力します。
3.初期パスワードを入力します。
4.再度初期パスワードを入力し、考えたパスワードを指示に従い二度入力します。※文字数:8文字以上、英大文字・英小文字・数字・記号を組み合わせる

5.「サインインの状態を維持しますか?」の質問には「いいえ」を選択します。
6.Outlookにログインできたことを確認します。
これで①学生Webメールのパスワード変更は完了です。②ユーザーIDのパスワードも変更しましょう。


上に戻る

②ユーザーIDのパスワードを変更する

1.情報メディアセンターのトップページから右側部分の「パスワード変更」をクリックします。
2.ログインします。

ユーザー名:学籍番号
パスワード:初期パスワード
3.先に設定したメールのパスワードと同一のものを入力します。

パスワード変更が完了するとパスワード変更へのログイン画面に戻ります。
これでパスワード変更が完了です。


上に戻る

サービスにログインできないとき

4月のオリエンテーションで配布されたパスワードの有効期限が切れるとLiveCampusやMoodleなどのサービスにログインできなくなります。
 →初期パスワードのまま利用していた場合は、パスワード変更の必要があります。4号館情報メディアセンター受付にお越しください。

パスワードの再発行

パスワードを変更したのに再ログインが出来なくなった場合
 →パスワードの再発行となります。4号館情報メディアセンター受付にお越しください。

パスワードを変更後、自己所有のPCやスマートフォンに記憶して利用していたが、突然再ログインが出来なくなった場合
 →パスワードの再発行となります。4号館情報メディアセンター受付にお越しください。
  パスワード変更後、PCやスマートフォンで各サービスにに再度ログインし、新しいパスワードを記憶しなおすことを忘れないようにしましょう。


上に戻る

パスワードの取り扱いについて

  • ID/パスワードの貸与は、愛知大学のメールの内容や、LiveCampusでの履修や成績を含めた多くの個人情報を参照・改ざんされる危険性がありますので、絶対に行わないでください。
  • ID/パスワードを貸与し、他人に成りすましてログインして操作した結果、重いペナルティが課せられます。
  • 貸与した結果起きたことには、あなた自身にも同様のペナルティと責任が生じます。絶対に行わないでください。

上に戻る